新入生の方へ

P.F.C.とはどういうサークルなのかをとことん説明しちゃいます!


何をするサークルなの?

私たちはハンググライダーパラグライダーで空を飛ぶ事を主な活動とするサークルです。



そもそもP.F.C.ってどういう意味?

 P.F.C.とは、Paradise Flying Catcher(極楽鳥を捕まえる者)の頭文字です。
 


どんな人がいるの?

 メンバーはみんな個性豊かで、面白い人ばかりですよ(*^^*)



ハング・パラ、ってなに?

ハンググライダー(ハング)


ハンググライダーは風の力を利用して空を飛ぶ乗り物です。
ハンググライダーはパイプとセール(布のようなもの)でできているため、組み立てが必要です。そのかわり丈夫で、パラグライダーよりもスピードが速く、遠くまで飛んでいくことができます。

よくハング称されます。

パラグライダー(パラ)

パラグライダーもハンググライダーを同様、風の力を利用して空を飛ぶことが出来ます。パラグライダーはセール(布のようなもの)などからできていますが、ハンググライダーのようなパイプがないためコンパクトに収納でき、持ち運びが簡単です。
セールに空気が入ってパラシュートのような翼を作り、空を飛ぶことができます。
しかし、ハンググライダーに比べるとスピードはでません。

よくパラと称されます。



主な活動動場所
 活動場所は春から秋にかけては鳥取で、冬は和歌山の山で空を飛んでいます。
 (鳥取は日本海沿いなので、冬になると雪が降るんです…)

 毎週末になると、サークルで持っている車で鳥取にでかけます。
 「えっ、鳥取?それって遠いし、かなりお金かかるんじゃ・・・」と思っているかもしれませんが、だいじょ〜ぶ。
 交通費はみんなで頭割りするので、往復で1800円ほどしかかかりません。
運転は“正式ドライバー”といって、先輩に技量の認められた人がしてくれるので、安心です。

 鳥取ではまず、あの有名な鳥取砂丘で練習します。
 実はこの鳥取砂丘、ハンググライダーやパラグライダーの練習をするにはもってこいなのです。
 一面砂で覆われている砂丘は、障害物もなければ、転んでケガをするなんてこともほとんどありません。
三時間かけて行く甲斐のある、貴重な練習場です。




入部したら
 砂丘で基本的な操作を習得した後は、いよいよでのフライトになります。
 最初はちょっぴり緊張するかもしれませんが、そこでは、なかなか味わえない感動を味わうことができます。
 鳥(とんび)と一緒に空を飛び、風を感じながら自由に大空を舞うことができます。
 このように、初めて山から飛ぶことを「初飛び」と言います。
 初飛びをした日には真のフライヤーに仲間入りを果たしたとして、先輩達からのお祝いがありますよ♪

 またイベントカレンダーを見れば分かるように、年中関東や中国・四国を始め、
 北は北海道から南は九州まで全国各地にツアーに行っています。

 大会に参加して見知らぬ土地で飛んだり、他大学の飛び仲間とも仲良くなったり。大会後も土地の美味しいものを味わったり。
 練習の帰りにも寄り道をしたり、キャンプや花火を楽しんだり、飛ぶこと以外の楽しみも多くあります。

 更に私たちの中には、グライダーを運んで中国、トルコ、インド、オーストラリア等、
 海外へのツアーに参加したメンバーもいます海外の壮大な景色を見ながら飛ぶことには、
 日本では味わえないまた違った感動があるのだそうです。




まとめ
 P.F.C.は1978年に創部しました。(2013年で35周年を迎えました!)
 
日本選手権での上位入賞者や日本代表として世界選手権に参戦した先輩もいる
 全国でも力のあるサークルの一つです。

 もちろん、皆大学生になってから始めたのです。

 「飛びたい」という気持ちを持ってサークルに参加し続ければ、誰でも上手になれます!

 ……といっても、全員が日本一を目指して猛練習をしている訳ではありません。
 「空を飛ぶのが楽しい」というスタンスで、のんびり続ける人もいます。

ハンググライダーやパラグライダーは、
年齢、性別、運動神経を問わず誰でも出来るので、
大学を卒業後も一生の趣味として楽しむことができるスポーツです。



ぜひ一緒に大空を飛んでみませんか?


まずは体験飛行でお会いできること、待っています!





只今体験講習実施中!

↑クリック↑






Q&Aコーナー:よくある質問にお答え!

Q: 空を飛んでみたいけど、高いところは恐いなぁ・・・

A: 実を言うと、私も高いところは恐いんですが…σ(^^;)
でも大丈夫。ロープウェーに乗っていても全然恐くないでしょ?
それと一緒で、実際飛んでみるとさして怖くないものです。
それにいきなり高いところから飛ぶわけではなく、
最初は低い砂丘で何度も練習をし、十分うまくなってから
山から飛ぶようになるのです。
近くには頼れる先輩も居るし、インストラクターの無線もあります。
何も怖がらなくても、大丈夫です!
Q: 私は運動神経にぶいし、女の子だからハンググライダーやパラグライダーなんてできないんじゃ・・・

A: ハンググライダーもパラグライダーも、運動神経は関係ありません
ハング・パラグライダーで空を飛んでいる人の中には、なんと80歳以上の方も
いらっしゃいます。それに、このサークルにも女子やOGがたくさんいますよ。
ハング・パラグライダーは性別、年齢、運動神経に関係なく誰でも楽しめます。
Q: 空を飛ぶのに、学生に見てもらうのは正直不安・・・
  A:確かにハングやパラを始めて高々数年の学生に見てもらうのは心配ですよね。
でもそれは大丈夫です。
私たちはハングやパラグライダーのスクールに入り、
プロのインストラクターに見てもらって飛んでいます

このサークルでは、
ハンググライダーはオークハンググライダースクール
パラグライダーはゼロパラグライダースクールに入ります。
どちらのスクールのインストラクターもこのハング・パラ業界では有名な方です。
しかも二人とも素敵なお方!講習も楽しくうきうきわくわくです。 
またメンバーもインストラクターの人を手伝って新入生を教えます。
(上の写真の左側 : オーク(ハング)の校長、らんぽうさん)
(下の写真の右側 : ゼロ(パラ)の校長の片岡さんと、窪田さん)
Q: ただ飛んで降りるだけでは?

A: 上昇気流にうまく乗ることで、離陸地点より高い所へ行けます。
高度1000〜2000メートル以上の飛行や、
数時間にわたる飛行も珍しくありません。
富士山や雲の上空を飛んだり、10時間も飛んだり、
700km飛ぶ
ことも可能な奥の深い、そして心躍るスポーツなのです。

(写真は、学生も飛べる大会の様子。山の頂上から撮影しました)

Q: 新入生じゃないけどだいじょうぶかな?



A: 全然大丈夫です!
実際2回生から始めてバリバリ飛んでるメンバーも多くいます
阪大以外の大学、市大や神大から参加しているメンバーもいます
参考に、メンバーには他大学の人にはどこの大学かも書いています。
全然特別なことでは無いので、遠慮せずに参加できます。
一緒に空を飛びたいと思っている人なら、何回生でもどこの大学でもウェルカムです。
一度しかない大学生活、今しかできないことに挑戦してみてはいかがでしょう?

大切な思い出になること、まちがいなしです(*’∀’*)b